4つのCが主な基準

手

利用しやすいポイントを

世界でも多くのファンを虜にしているダイヤモンドは、英国にある相場によって価格が決められているのが特徴です。買取価格を決めているのは、4つのCと呼ばれている要素で、カットの美しさやクラリティ、カラー、カラット数の大きさとなります。カラーはブルーや透明に近い方が高値が付き、ブラウンやイエローに近いと低価格となりがちで、同じダイヤモンドでも大幅に違う金額です。カットの状態が美しければ美しい程、光の屈折率が異なる為、買取査定額も高値の物となりがちですが、安ければカットが微妙に異なります。クラリティは透明度の事を指し、透明度が高くて美しいものほど高値ですが、不純物が多いとそれほど高い価格にはなりません。それぞれの頭文字を取ったCを合わせて4つのCと呼ばれ、ダイヤモンド買取の時に大きな目安となっています。また、販売している会社がハイブランドである場合や、鑑定書のありなしを確認する事で、価格に大きな影響となるポイントといえるでしょう。ダイヤモンドにしか鑑定書は発行されない為、あるかないかによって、買取価格が大幅に違うのは当然のことといえます。どんな宝石にも発行される鑑別書しかついていない場合、その宝石はダイヤモンドでない可能性もある為、査定の時に慎重に見てもらいましょう。買取査定の時には鑑定経験の豊富な担当者に確認を取らせ、納得できる品質であれば高値で買い取ってもらえるといいます。買取を依頼する場合、前もって業者の評判や高値で買い取ってもらえるか、情報を確認してから利用してください。

Copyright© 2018 ダイヤモンドの買取はプロに頼もう【優良店を見抜くコツをリサーチ】 All Rights Reserved.